徹底リサーチ☆産業用太陽光発電

産業用太陽光発電の為の主な融資方法

 産業用太陽光発電を始めるなら、資金も準備する必要があります。
主な理由は、ソーラーパネルと周辺設備です。
発電するなら、まずソーラーパネルは設置する必要がありますから、専門業者から買う事になるからです。
またソーラーパネルだけでは発電できませんから、周辺設備も買う事になります。
具体的にどれぐらい予算が必要かというと、150万円目安です。
購入するパネルのタイプにも左右されますが、ソーラーパネルはたいてい100万円以上になります。
さらに周辺設備は数十万円前後ですから、合計150万円目安になる訳です。
ただその150万という費用を一括で捻出するのも難しいので、多くの方々は融資を受けています。
産業用太陽光発電の融資の場合は、主に2つの選択肢があります。
市区町村もしくは銀行です。

 全国の市区町村では、事業を始める方々には融資も行っています。
市区町村に問い合わせをすれば、お金を借りる事も可能です。
市区町村から融資を受けるのは、利息に関するメリットがあります。
そもそも融資の手段も色々あって、中には利息が高めな方法もあります。
消費者金融という方法もありますが、総じて年利は高めです。
数ある手段の中でも、市区町村は利息が比較的低めになっている訳です。
ただし融資が可能であるかどうかは、市区町村に左右される一面もあります。
確かに大部分の市区町村では、事業を始める方々に融資を行っていますが、中には例外的な地域もあるからです。
果たして融資可能であるかどうかは、市区町村に直接問い合わせする必要があります。
電話や役所窓口が、主な問い合わせ先になります。

 市区町村から融資を受けるのが困難な時は、銀行が活用される事が多いです。
事業用太陽光発電の場合は、銀行ローンで借りている方々も目立ちます。
銀行の場合は、市区町村よりは比較的早く融資を受ける事もできます。
銀行は、利息も比較的低めです。
銀行ローンは最低年利が1%台に設定されている事も多く、ノンバンクよりは低めな年利になります。
それぐらいの年利なら、太陽光発電で売電する事により、十分に元を取る事もできます。
ソーラーパネルで発電した電力は、電力会社に売る事も可能ですが、たいてい利回りは4%ぐらいになるからです。
ですから銀行から融資を受けている方も多いです。
ただし銀行ローンは、よく選ぶ必要があります。
各銀行はそれぞれ金利やサービス内容も異なりますし、慎重に比較する方が無難です。

次の記事へ

PAGE TOP