徹底リサーチ☆産業用太陽光発電

産業用太陽光発電の利回りとリスクはどうなのか

 多くの方々は、産業用太陽光発電を前向きに検討しています。
利益のメリットがあるからです。
太陽光発電には、売電というシステムがあります。
パネルで発電した電力は、電力会社が買い取ってくれる訳です。
20年間に渡って電力を売却できるので、メリットを感じている方も多いです。
土地活用の手段の1つとして、検討される事もあります。
つまり太陽光発電に投資してみる訳ですが、しばしば他の投資手段と比較されています。
株式投資や投資信託など、色々な投資手段もあるからです。
比較してみた結果、太陽光発電が選ばれるケースも多いです。
産業用太陽光発電は、ハイリターンではありません。
利回りは高めではありませんが、リスクも低いです。
その利回りの数字にしても、投資信託とほぼ同じ程度になります。

 状況次第ですが、産業用太陽光発電は年間4%ぐらいの利回りになる傾向があります。
4%という数字は、投資信託よりは少々高めな方です。
投資信託という手段は、想定利回りは3%になっている事も多いです。
不動産関連の投資信託なら5%ぐらいの銘柄もありますし、太陽光発電とほぼ同じくらいになります。
ところで投資信託には、元本割れのリスクがあります。
初期資金100万円で投資信託を買ったものの、あまり運用成績が良くない時には、90万円台になってしまう事もあり得ます。
太陽光発電もリスクはありますが、そこまでハイリスクではありません。
確かにソーラーパネルが破損する可能性はありますが、きちんと対策を施しておけば、リスクを大きく押さえる事はできます。
投資信託ですと、対策を施すのも難しい事があります。

 まして株式投資と比べると、リスクは低めになります。
株式投資の場合は、上手く行けば大きな利益が生じる可能性はあります。
たまたま自分が買った株価の価格が高騰してくれれば、資産が大きく増える可能性もあるからです。
その分、株式投資はリスクも大きくなります。
株価が高騰してくれれば良いですが、必ずしも価格が高くなるとは限りません。
予想に反して、株価が大きく下がってしまう事もあります。
それで資産が大幅に減少してしまうケースも、珍しくありません。
しかし産業用太陽光発電の場合は、しっかりリスク対策を施しておけば、基本的には問題ありません。
保険加入やお手入れなどをしっかり行っておけば、株式投資よりは遥かにリスクが低いです。
しかも投資信託と同じぐらいの利回りは期待できますし、太陽光発電に注目している方も多いです。

次の記事へ

PAGE TOP