徹底リサーチ☆産業用太陽光発電

産業用太陽光発電の主な3つのメリット

 産業用太陽光発電には、複数のメリットがあります。
その1つは自家発電です。
多くの方々は、天災を気にしています。
大きな地震や台風など、色々な自然災害はありますが、それで電力が止まってしまう可能性もゼロではありません。
大きな地震が来れば、停電になってしまう実例は多いです。
電力の供給がストップしてしまえば、様々な問題点が起きてしまいます。
しかしソーラーパネルを屋根部分に設置しておけば、発電できる状態になる訳です。
自家発電による電力を使用すれば、たとえ電力会社からの電気がストップした時でも、電気を使う事はできます。
ですから万が一の天災などに備えて、太陽光発電を導入している方々も少なくありません。
それに加えて、産業用太陽光発電にはリスクと利益に関するメリットがあります。

 産業用太陽光発電は、電力を売却する事も可能です。
そもそも電力会社は、電気を買い取っています。
ソーラーパネルで発電した電力も、買い取ってくれる訳です。
産業用太陽光発電の場合は、20年間は電力を売却し続ける事ができます。
比較的長い期間に渡って利益を得られるメリットは大きいです。
具体的にどれぐらいの利益になるかというと、年間4%目安になります。
いわゆる投資の想定利回りが4%になる訳ですが、投資信託と同じぐらいの利回りです。
株式投資のようにハイリターンではありませんが、リスクも比較的低いです。
リターンとリスクのバランスを考慮すれば、決して悪くない利回りという声も多いです。
状況によっては、もっと大きな利回りになる可能性もあるので、太陽光発電を前向きに検討している方も多いです。

 また産業用太陽光発電は、リスクは比較的低いです。
太陽光発電の主なリスクは、天災です。
大きな地震や台風などが、主なリスクになります。
万が一台風で大きな石が飛んできた時は、ソーラーパネルに衝突してしまう可能性もあるからです。
しかし保険に加入しておけば、そのリスクを低く抑える事もできます。
株式投資などは、それは困難です。
株式投資やFXなどの投資商品には、特に保険は無いからです。
また雑草によってソーラーパネルに対する光が遮られてしまう事もありますが、細かくお手入れするのを徹底していれば、基本的には問題ありません。
保険やお手入れによって、リスクは低く抑えられる訳です。
比較的ローリスクである点も、産業用太陽光発電のメリットの1つです。
すなわち太陽光発電には、「自家発電」と「利回り」と「リスク」という3点のメリットがあります。

次の記事へ

PAGE TOP